『耳をすませば』の名言と英語セリフ

いまだに少女からおじさんまでキュンキュンさせる名作として、ジブリの中でも異色作でもある『耳をすませば』から印象的なセリフをピックアップして、英語版のセリフとともにご紹介します。

セリフまとめ

  • I’m reading 20 before school starts. /わたし休み中に20冊読むって決めたんです(月島雫/耳をすませば)
  • My parents are dead against it. Grandpa’s my only ally. /家中が大反対!だからまだどうなるかわからないけど、おじいちゃんだけが味方してくれてるんだ(天沢聖司/耳をすませば)
  • My images of Amasawa Seiji… was someone quiet and gentle. /天沢聖司ってわたしてっきり…優しい静かな人だと思ってたの!(月島雫/耳をすませば)
  • Wow! You made this? It’s like magic! /すごいなあ、よくこんなの作れるねー。まるで魔法みたい(月島雫/耳をすませば)
  • I’ve got no idea at all. I just go from one day to the next. /わたしなんて全然けんとうもつかない。毎日なんとなく過ぎちゃうだけ(月島雫/耳をすませば)
  • Listen, Shizuku… I can’t say how soon it’ll be, but…would you marry me? /雫、あのさ…おれ、今すぐってわけにはいかないけど、おれと結婚してくれないか?(天沢聖司/耳をすませば)
  • Jerk! Jerk! Jerk! Jerk! Jerk! Jerk! /ヤな奴、ヤな奴、ヤな奴!ヤな奴、ヤな奴、ヤな奴!(月島雫/耳をすませば)
  • I couldn’t write what I wanted! The last half doesn’t make sense. I know that! /書きたいことがまとまってません!後半なんかめちゃくちゃ!自分でわかってるんです!(月島雫/耳をすませば)
  • You’re not very nice. Just like me. /君もかわいくないね。わたしそっくり…(月島雫/耳をすませば)
  • Faraway things loom large, nearby things look small. /遠いものは大きく、近いものは小さく見えるだけのこと(バロン/耳をすませば)
  • The shape hasn’t changed in 300 years. The sound comes from the craftsman’s skill. /バイオリンは300年前に形が完成しているんだ。後は職人の腕で音の善し悪しが決まるんだよ(天沢聖司/耳をすませば)
  • I made up my mind I was going to ride you up this hill! /おまえを乗せて…坂道のぼるって…決めたんだ!(天沢聖司/耳をすませば)
  • I don’t know if I can go or not. I fight with my parents every day. /おれだってまだ行けるって決まっちゃいないんだぜ。毎日親と、ケンカだもん(天沢聖司/耳をすませば)
  • Oh, no! First I was buried alive, and now the sky’s fallen in! /ひどい!不意討ちだわ!洞窟の生き埋めよ!空が落ちてきたみたい!(月島雫/耳をすませば)
  • Me, too…it’s like I’m still dreaming! /わたしも会いたかった…。まだ夢みたい…(月島雫/耳をすませば)
  • I get more freckles! /またそばかすが増えちゃうじゃない!(原田夕子/耳をすませば)
  • I was hoping we’d go to the same high school. What a stupid thing to think… /聖司くんと同じ高校へ行けたらいいな、なんて。てんでレベル低くてやんなっちゃうね…(月島雫/耳をすませば)
  • I lucked out on the test! /ばーっちしヤマ当たりすっげーの!(杉村/耳をすませば)
  • I’m sorry I’m always so depressing. I’ll do my best while you’re gone. /わたし…泣き言ばかり言ってごめんね。わたしもがんばるね(月島雫/耳をすませば)
  • Engelzimmer…angel’s room. The artisan accidentally scratched it with a cloth. /エンゲルスツィーマー、天使の部屋っていうんだ。布張りの時に職人が偶然つけた傷で出来るんだって(天沢聖司/耳をすませば)
  • Shizuku…I love you! /雫!大好きだ!!(天沢聖司/耳をすませば)
  • It must be great to know what you want to do. /すごいね、もう進路を決めてるなんて(月島雫/耳をすませば)
  • It’s a miracle! You’re here! /奇跡だ!本当に会えた!(天沢聖司/耳をすませば)
  • Let’s let her do what she wants. Not everyone has to be the same. /雫のしたいようにさせようか、母さん。ひとつしか生き方がないわけじゃないし…(月島靖也/耳をすませば)
  • What you sang back there was fine, but I liked ‘Concrete Roads’, too. /さっき歌ったのもいいけど、おれ、コンクリートロードのほうも好きだぜ(天沢聖司/耳をすませば)
  • I hate that they’re leaving an escape route… /おれ、そういうの好きじゃないよ。逃げ道作っとくみたいで…(天沢聖司/耳をすませば)
  • You can’t say ‘go for it’ to someone more ambitious than you. /自分よりずっとがんばってるやつにがんばれ、なんて言えないもん…(月島雫/耳をすませば)
  • Yes…it’s rough, blunt, unfinished…just like Seiji’s violin. /そう、荒々しくて率直で未完成で…聖司のバイオリンのようだ(西司朗/耳をすませば)
  • Meet him, then! If you don’t like him, just say no! /付き合ってみたら?それで嫌なら断る(月島雫/耳をすませば)
  • But Seiji’s getting further and further ahead. I felt that I had to force myself to write, and I was so scared… /でも聖司くんがどんどん先に行っちゃうから、無理にでも書こうって…。わたし、怖くて怖くて…(月島雫/耳をすませば)
  • You really are dense, you know! She likes you! /もう!本当に鈍いわね!夕子はね、あんたのことが好きなのよ!(月島雫/耳をすませば)
  • When did you decide on your future? /お姉ちゃん、進路っていつ決めた?(月島雫/耳をすませば)
  • Even if I go, I won’t know if I have the talent until I try. /行けたとしても本当に才能があるかどうか、やってみないとわからないもんな(天沢聖司/耳をすませば)
  • What a find! A place where stories start! /いいとこ見つけちゃった!物語に出てくるお店みたい!(月島雫/耳をすませば)
  • I’d forget about ‘Concrete Road’, though. /お前さ…コンクリートロードはやめたほうがいいと思うよ。(天沢聖司/耳をすませば)
  • Amasawa Seiji… what’s he like? Is he good-looking? /天沢聖司…どんな人だろう。素敵な人かしら…(月島雫/耳をすませば)
  • You’ve worked hard. You’re wonderful. /よくがんばりましたね。あなたは素敵です(西司朗/耳をすませば)
  • Sorry. I wanted to tell you first. /わるい、一番先に雫に教えたかったんだ(天沢聖司/耳をすませば)
  • Can I talk to you? /月島…ちょっといいかな?(天沢聖司/耳をすませば)
  • Why do we change, I wonder? I was always so sweet… /どうして変わっちゃうんだろうね…。わたしだって前はずーっと素直で優しい子だったのに…。(月島雫/耳をすませば)
  • You sure eat a big lunch! /おまえの弁当ずいぶんでかいのな!(天沢聖司/耳をすませば)
  • You’ve got a talent for poetry. /おまえさ、詩の才能あるよ(天沢聖司/耳をすませば)
  • It’s weird. I feel as if I’ve known you for years. /不思議ね、あなたのことずーっとせんから知っていたような気がするの…(月島雫/耳をすませば)
  • You have to sing, too. /よーし!そのかわりお前歌えよ!(天沢聖司/耳をすませば)
  • Let them think what they want. /ご、誤解されるくらいかまわないけど…(月島雫/耳をすませば)
  • I’m the one who’s dense! /バカ!鈍いのは自分じゃないか!(月島雫/耳をすませば)
  • Country road, when tomorrow comes, I’ll be like I always am… /♪カントリー・ロード、明日はいつもの僕さ(月島雫/耳をすませば)
  • Are you in love with anyone? /雫、好きな人いる?(原田夕子/耳をすませば)
  • Grandpa told me everything. I didn’t do anything to help… I was just thinking of myself. /おじいちゃんから雫のこと聞いてさ。おれ、何も応援しなかったから…自分のことばっかり考えてて(天沢聖司/耳をすませば)
  • I hear you were out with a boy last night. /夕べ、よそのクラスの男の子と歩いてたって?(原田夕子/耳をすませば)
  • My home town is concrete roads. /ふるさとはコンクリートロード♪(月島雫&原田夕子/耳をすませば)
  • Well, I’ll do the best I can. /ああ。とにかく一生懸命にやってみる(天沢聖司/耳をすませば)
  • I felt like I’d found a treasure hidden in a cave. /とてもいいことがあって洞窟で宝物を見つけた感じだったの(月島雫/耳をすませば)
  • Studying for entrance exams would be easier having someone. We could encourage each other./両思いの人がいたらいいなって思うよね。受験だし励まし合って頑張れたらって(原田夕子/耳をすませば)
  • Your story brought the Baron out of my memory and back to life. /追憶の中にしかいなかったバロンを雫さんは希望の物語によみがえらせてくれたんだ(西司朗/耳をすませば)
  • Play for me, OK? Please! /お願い、聴かせて?ちょっとでいいから!(月島雫/耳をすませば)
  • I’m no man’s burden! I want to be of use! /お荷物だけなんて、やだ!わたしだって役に立ちたいんだから!(月島雫/耳をすませば)
  • I’m at university finding that out. /それを探すために大学へ行ってるの(月島汐/耳をすませば)
  • You and Seiji are like this stone. Rough, unpolished, still natural. /雫さんも聖司もその石みたいなものだ。まだ磨いてない自然のままの石(西司朗/耳をすませば)
  • Looks like springtime has come for Shizuku at last! /先生、雫にもようやく春が来たんですねぇ(絹代/耳をすませば)
  • I was out there calling you in my head. /雫にはやく会いたくてさ。何度も心の中で呼んだんだ。雫ーーって!(天沢聖司/耳をすませば)
  • Baron Humbert von jechingen. Quite the name… /フンベルト・フォン・ジッキンゲン男爵…すごい名でしょう?(西司朗/耳をすませば)
  • No…you were the reason I did it. /ううん、聖司がいたからがんばれたの(月島雫/耳をすませば)
  • The artisan who made this must have been disappointed in love. /きっと、この時計を作った職人が届かぬ恋をしていたんだよ…(西司朗/耳をすませば)
  • A little bird… who said you were like lovers. /うわさよ…。恋人同士みたいだったって(原田夕子/耳をすませば)
  • We passed each other in the library. I even sat beside you there. /図書館で何度もすれ違ったの知らないだろ。となりの席に座ったこともあるんだぞ(天沢聖司/耳をすませば)
  • What’s Cremona like? I hope it’s nice. /クレモーナってどんな町かな…。素敵な町だといいね(月島雫/耳をすませば)
  • Say what you really think! /うそ!うそ!本当のことを言ってください!(月島雫/耳をすませば)
  • He’s taken all these books out before me. /すごいこの人、みんなわたしより先に借りてる(月島雫/耳をすませば)
  • I’ve liked you for a long time! /ずっと前からおまえのことが好きだったんだ!(杉村/耳をすませば)
  • But we’ve always been friends… I like you, but not… /だって…ずっと友達だったから。杉村のこと好きだけど、好きとかそういうんじゃ…(月島雫/耳をすませば)
  • Sometimes I really want to see you… /時々、会いたくてたまらなくなるわ(月島雫/耳をすませば)
  • I apprentice in a workshop there for two months. /じいちゃんの友達が紹介してくれたアトリエで、二ヶ月見習いをやるんだよ(天沢聖司/耳をすませば)
  • How can you talk like that with a straight face? /おまえなあ、よくそういう恥ずかしいこと平気で言えるよな(天沢聖司/耳をすませば)
  • There’s a school for it in Cremona, Italy. I want to go there. /イタリアのクレモーナにバイオリン製作学校があるんだよ。中学を出たらそこへ行きたいんだ(天沢聖司/耳をすませば)
  • I’m glad I pushed myself. I understand myself better now. /わたし、背伸びしてよかった。自分のこと、前より少しわかったから…(月島雫/耳をすませば)
  • I’ll sing your song to myself in Italy. /おれ、イタリアへ行ったらおまえのあの歌うたってがんばるからな(天沢聖司/耳をすませば)
  • Today’s a lucky day! /今日はいいことありそう!(月島雫/耳をすませば)
  • Don’t expect perfection at first. /初めから完璧なんて期待してはいけない(西司朗/耳をすませば)
  • When the air currents mingle in the afternoon. you can touch the stars! /行こう!恐れずに!午後の気流が乱れるとき、星にも手が届こう!(月島雫/耳をすませば)
  • There’s one I want to write. If he can do it, so can I. /書きたいものがあるの。あいつがやるならわたしもやってみる(月島雫/耳をすませば)
  • OK, Shizuku, do what you believe in. But it’s not easy when you walk your own road. /自分の信じるとおりやってごらん。でもな、人と違う生き方はそれなりにしんどいぞ(月島靖也/耳をすませば)
  • You promised you’d be the first to read it. /約束です、最初の読者になってください(月島雫/耳をすませば)
  • Silly! /そこつー(月島雫/耳をすませば)

関連グッズ


耳をすませばブルーレイ版

耳をすませばのアメリカ版です。