クレジットカードを解約する時に確認するべきこと4選

カードを解約しようと思ったらチェック!

クレジットカードを解約しようと思った時に事前に確認しておきたいことをまとめました。カードの解約に慣れていないと、どのように解約すれば良いのか、何に気をつければ良いのかなどなかなかわからないものですよね。

しかしいくつかの点に気をつけさえすれば、手続き自体はすぐに終わってしまうものです。そこで今回は解約の手続前に気をつけておきたいことをまとめました。

1.カード加入直後の解約は避ける

もしあなたがクレジットカードを発行してから半年以内であれば、解約の時期を見直したほうが得策です。なぜなら、カードの発行直後の解約となると、カード加入時の特典目当てで発行したという風にカード会社から認識される可能性があり、今後のカード発行時の審査に影響が出てくるリスクがあるのです。

そのためよほどの理由がない限り、仮にカードを使う予定があまりないとしても1年程度待ってからの解約をおすすめします。

2.キャッシング残高、リボ払い残高などを確認

カードの解約を申し込むと、支払いが終わっていない分の金額(残債)の支払いを求められます。

・キャッシング(借り入れ)
・リボ払い
・分割払い
・ボーナス払い
上記の4つの残高がどのようになっているかを確認してから、解約をするようにしましょう。

もし手元に十分なお金がないのに解約をしてしまい、一斉にやってくる返済で困ってしまうかもしれません。そういった想定外の状況を避けるためにも、事前に自分の残債がどのような状態か確認しておくようにしましょう。

3.公共料金など自動引落しを確認する

水道料金や電気代、家賃や携帯電話の支払いなど月々の引き落としにクレジットカードを利用している場合にも注意が必要です。これらは事前に支払い方法を変更しておかないと、支払いが滞ってしまうことになります。

そのため、解約予定のクレジットカードで毎月引き落としになっているものがないかどうか確認をしましょう。特に、携帯電話の引き落としに関しては注意が必要です。携帯電話の支払いは個人の信用情報に使われるので、携帯電話の支払い忘れは電気代などと比べてもリスクが大きいです。

部屋の契約や不動産・車の購入など様々な今後の契約に響いてくる可能性があるので、十分に用心しましょう。

4.貯まったポイントは解約前に使おう

貯まったポイントも、カードを解約してしまうと無効になってしまいます。そのため、ポイントを最後に金券などに交換するなどしてから、解約をしたほうがお得といえるでしょう。