クレジットカードの悪用防止におすすめの対策5選

クレジットカードの悪用対策が重要

クレジットカードの不正利用が非常に増えています。悪用の手法は年々高度になっており、カード利用者の防犯意識やリテラシーの向上も重要です。

また不正利用の被害金額は保障されているので、返金してもらうことが出来ます。悪用されないために防止する、そして万が一不正利用されてしまった時の対処方法を紹介します。

クレジットカード悪用の種類

クレジットカード自体を盗まれる

これは普段の生活で気をつけたいことです。当然ながら財布にカードを何枚も入れていれば、財布を盗まれれば全てのカードが悪用される危険性があります。

カード情報を盗まれる

これは普段の生活でもネット上でもありえる被害です。クレジットカードの番号などの情報を盗まれると、誰でもカードが利用できてしまいます。

誰にでも気軽にクレジットカードを渡すべきではないですし、ネットでも怪しいサイトではカード情報を入力しないように気をつけましょう。

また、ネット上で多いのは、有名サイトに似せた偽サイトにカード情報を入力させようとする詐欺です。例えばamazonや楽天など普段利用しているサービスとそっくりのメールが送られてきて、「支払いを行ってください。支払い設定はこちら」というようなメールが来てもメールからそのサイトへのリンクを押さず、Googleで検索してからログインするようにしましょう。

メールもメールから誘導された偽サイトも、本物とそっくりに作られているので最後まで詐欺だと気づけない可能性がたかいです。

パソコンやスマホがウイルスに感染し、情報を盗まれる

これは仮に偽サイトを回避できていたとしても起きてしまうケースです。偽サイトを避けることが出来ていたとしても、利用しているパソコンやスマートフォン自体がウイルスに感染していたら意味がありません。そもそも閲覧しているサイトやアプリの情報全てがダダ漏れという恐ろしいケースです。

これを防ぐためには、普段から怪しいサイトを閲覧しない、ウイルス対策ソフトを入れておく、といった対策が有効です。

クレジットカード悪用を防止する対策は?

①クレジットカードの利用通知メールを設定する

ウェブで利用明細などを確認できる機能がついているクレジットカードの多くは、利用通知機能がついています。クレジットカードを利用する度に、メールで通知してくれるというサービスです。

例えば、スマホで確認できるメールアドレスを設定しておくとお店でカード支払いをする度にメールが届くようになります。毎回届くのは鬱陶しいと思うかもしれませんが、習慣化すれば気になりませんし、逆にカードを使っていないのでメール通知が来た時にはおかしいと瞬時に気づくことができるのです。

②パソコンやスマホにウイルス対策ソフトを入れておく

パソコンやスマートフォンがウイルスに感染してしまうとどれだけの情報が流出したか把握することは困難です。クレジットカード情報が流出したかもしれないし、それ以外にも名前や住所なども漏れているかもしれませんし、把握が大変です。

そのため、普段から怪しいサイトを閲覧したり信用できないリンクは開かないように心がけるべきですが、その上でウイルス対策ソフトを入れておくと安心です。

③クレジットカードをひと目につかないように管理する

クレジットカードはカード本体を持っていなくても悪用できてしまいます。例えば、カードの表面の写真を撮られるだけでも不正利用されてしまう危険性があります。

そのため、普段からカードを裸で持たないようにしたり、無闇に誰かに貸したり渡したりしないようにしましょう。気軽な気持ちで友人に渡してしまって、その後に不正利用が起きた時に、友人を疑わなければいけない事態になったらお互いに不幸ですよね。そういった事態を避けるためにも、自分で責任を持って管理しましょう。

④カードの裏側に自分のサインが書いてあるか確認

意外と忘れがちな重要なことが、クレジットカードの裏側のサインの欄に自分の名前をきちんと記入しておくことです。

実は利用規約で、裏側に本人のサインがないものは保険が効かないと明記されています。そのため非常に重要なのですが、このことを知らない人が非常に多いのです。

自分が持っているカードを確認して、サインが抜けているものはきちんとボールペンなどで書いておきましょう。

⑤カードの紛失や不正利用された際の連絡先を把握しておく

どれだけ気をつけて不正利用を防止する対策をしたとしても、残念ながら紛失してしまったり悪用されてしまうことはあります。

その時にパニックにならないためにも、あらかじめ緊急時にどこに連絡すればよいか確認シておくことが大切です。例えば財布をまるまるなくしてしまった時に、どこに連絡をいれなければいけないか洗い出して、優先順位をつけておけるとベストでしょう。