クレジットカードの作り方まとめ【カード初心者向け】

クレジットカードの作り方を初心者の方に解説!

「クレジットカードを作ってみたいけれど初めてで不安」「大学生なんですがクレジットカードを作れますか?」というカード初心者な皆さんのために、まずはクレジットカードの作り方をご一緒に見ていきましょう。結論的には、ポイントだけ押さえてしまえば意外と簡単に誰でも作れます。

必ず必要なものは身分証明書類と銀行口座

クレジットカード会社はクレジットカードを作ろうとするあなたに「信用」を求めています。つまり「クレジットカードで支払をした後にきちんと返せますよね?」という意味において、あなたが信用できる人なのかということです。

そういう意味で普通の人であれば、運転免許証があれば最強です。なぜなら警察が所有者本人の住所氏名生年月日を担保しているからです。運転免許のない方は運転免許に準じた身分証明書類として、健康保険証・住民票・パスポート・学生証等が必要になります。

加えて銀行口座も必要です。クレジットカードで使った分がその口座から自動引落になるからです。それで身分証明書類と銀行口座の二つがあれば、とりあえずカードの申込をすることが可能になります。

カードのブランドを選ぶ

国際カードブランドとも言われる国際決済サービスは、普通のカードであればビザ(Visa)・マスター(Master)・ジェーシービー(JCB)3つが主流です。どれも他と変わらないといえば変わらないのですが、問題はVisaしか使えないお店とか、逆にJCBしか扱っていないレストランとかがあったりすることです。

そういう意味ではそれぞれを1枚ずつ合計3枚のクレジットカードを作れば何も問題ないのですが、そうでなければとりあえずVisa(規模的に世界一)を、VisaがなければMaster(世界第二位)を選べばOKです。

便利になったオンライン申込でスピーディー発行

街角でキャンペーンをしているときに申込をしたり、銀行に行って銀行系のクレジットカードを申し込んだりということも可能ですが、最近はネットのオンライン申込が大変便利です。

なんとほとんどの場合、身分証明書類をスマホ等で撮影してアップロードするだけで済みます。時にはその場で審査に通ったかどうかが明らかになり、あとは郵送されてきたものを受け取るだけです(本人限定受取郵便であることが多い)。

自分に合ったクレジットカードをしっかり選んで申し込む

とはいえ、クレジットカードを作っても使わなければ恩恵にあずかれませんので、自分のライフスタイルに合ったクレジットカードを作る必要があります。

たとえば頻繁にコンビニに行く人であればコンビニ系のカードで特定の電子マネーが使えれば最強でしょうし、あるクレジットカードは年会費を支払う代わりに付加価値の高い会員サービスを提供しています(俗にゴールドカードと呼ばれる)。

年会費とは別に保険料を払えば格安な保険に加入できるものや、給油や電話料金の支払といった特定のシーンで特に効果を発揮するものもあり、いずれにしてもしっかり選ぶことが大切です。

思い切って申し込み、届いたカードがあなたの強い味方に

自分にとって必要だと思われるカードを数枚チョイスしたら、審査に通るかどうかまずは申込をしてみましょう。ある場合、残念ながらお目当てのクレジットカードの審査に通らないかもしれませんが、そんな時は別系列のクレジットカードが通らないかどうかトライできます(たとえばイオン系のクレジットカードは比較的通りやすいことで知られています)。

最終的にクレジットカードが届いたなら、他ならぬそのカードこそあなたにとっての強い味方です。実際に使ってみるなら、その便利さやお得度にびっくりするに違いありません。