クレジットカードの審査で知っておきたい3つのこと

クレジットカードの審査とは

クレジットカード初心者の方も、クレジットカードの達人な方も、やっぱり心配なのはクレジットカードの審査に通るかどうかという点でしょう。中には、どうせ審査に通らないだろうからと最初からクレジットカードの申込をあきらめてしまう人さえいるかもしれません。

でもちょっと待って!実はクレジットカードの審査基準は「固定電話なし、携帯電話のみでもOK」のように近年大きく変遷しているので、この機会に最新の審査基準について知っておくのは誰にとっても有益です。

クレジットカードの審査の考え方

クレジットカードの審査はキャッシュカードの審査と類似しています。事実、クレジット機能(お買物をカード払にする)にキャッシュ機能(現金をATMから引き出す)がついたクレジットカードが大半であるため、審査、つまり与信の有無の確認が必要になるのです。

これは簡単に言えば、「カードを作ったあなたは本当に支払(返済)が可能ですか?」というクレジットカード会社側の確認作業で、クレジットカードを作りたい場合は以下の3つの点に特に注意が必要です。

1.クレジットカードの審査難易度はどのように決まるの?

一般的な審査で最も重視されるのは定収入(年収)です。例えば、収入が極端に低かったり現時点で働いていていないような人はどうしても審査に落ちやすい傾向にあります。

次に重視されるのは定住所(不動産等)の有無で、特定の住所を持っていない人や携帯電話すらない人は審査に通るのが難しいでしょう。

しかし実を言えば、この収入と住所等に関する一般的な審査内容よりもさらに重要視されるのは過去と現在の借入記録また未返済金の有無です。

これは各クレジットカード会社が申込時に照会可能な業界共通のデータベースを参照するのでごまかすことはできません。逆の言い方をすれば、定収入があり定住所もあり借入記録も良好で未返済金ゼロであればまず大丈夫です。

そのような場合にクレジットカード会社による審査難易度の差異というのは実はそれほど大きくないのです。

2.審査の期間はどれくらい?

最近はネット内で申込と審査が完結してしまうという超スピーディーな審査もあり、その場合の審査は即時に終わります。上述の定収入·定住所·借入記録を、データベースによってあっという間に適か不適かを判断するのです。

これは裏を返せば申込内容が現実と異なっていた場合、すぐにはねられてしまうということにほかなりません。それで審査を早く終わらせるコツは当たり前のことですが正直であることです。

普通のクレジットカードであれば、どんなに長くても1週間かかりません。

3.クレジットカードの審査の基準は?

実は業界には貸金の基本である『3C基準』というものが存在します。この基準がクレジットカード審査にも当てはまります。

3Cとは、

·Capacity (資力、つまり収入です)

·Capital(資産、つまり定住所となる不動産です)

·Character(性格、つまり借入記録です)

の3つのことです。

具体的な数値に関してはカード会社により審査難易度の若干の差異が存在するものの、最近では収入が200万円以上、居住年数(および勤務年数)が1年以上、返済の遅延や未返済金がなければ問題ない、とみなされる場合が多いようです。

クレジットカードの審査についてのまとめ

簡単にまとめてみると、普通にクレジットカードを作りたい場合には審査の甘いクレジットカード会社を探す必要はほとんどありません。

特別な事情がない限りは正直に申込内容を記入すれば、目安としてそれなりな定収入·定住所·問題のない借入記録であれば問題なく審査に通ります。

仮に審査に通らなかった場合でも、5年後にチャレンジすればデータベースが一新されて通る可能性があります。いずれにしても審査基準は年々緩和傾向にあるので、まずは審査を怖がることなくカードの申込にトライしてみるのが良いでしょう。